あらすじ


魔術、剣術、錬金術、内政、音楽、絵画、小説──
各分野でエキスパートの両親、兄姉を持つアジェット公爵家末娘のリリアーヌは、
最高水準の教育を受けどの分野でも天才と呼ばれる程の実力になっていた。
しかし、わがままにならないようにと常にダメ出しばかりで、
貴重な才能を持つからと引き取った養子を褒める家族に耐えられず、彼女は家出を決意した。

新天地で冒険者として生活をはじめると、
作った魔道具は高く売れ、歌を披露すると大観衆になり、レアな魔物は大量捕獲──

家族からの評価が全てだったリリアーヌは、無自覚にあらゆる才能を発揮していき…!?

登場人物紹介

  • リリアーヌ/リアナ

    アジェット公爵家の寵児として有名な令嬢だったが、家族に耐えられず家出し、名前も変えて冒険者となる。

  • フレド

    銀級冒険者。とあるきっかけからリアナと行動を共にする事に。

  • ニナ

    アジェット公爵家の養子。貴重な光魔法の才能がある。

  • コーネリアス

    アジェット公爵家当主。王国一の魔導士にして国軍元帥。

  • ジョセフィーヌ

    アジェット公爵家夫人。歌姫としても有名な社交界のボス。

  • アンジェリカ

    アジェット公爵家長女。著名な画家であり王太子妃。

  • ジェルマン

    アジェット公爵家長男。内政で敏腕をふるう王太子の側近。

  • ウィルフレッド

    アジェット公爵家次男。国内最強の武人で近衛騎士。

  • コーネリア

    アジェット公爵家次女。魔道具の発明家として有名な錬金術師。

  • アルフォンス

    アジェット公爵家三男。稀代の小説家で語学にも堪能。

特典についてのご注意事項
<初回版限定購入者特典について>
・初回版限定購入者特典(書籍版)の取り扱い:特典物は数に限りがございますのでご了承ください。
・初回版限定購入者特典(電子版)の取り扱い:販売されているどちらの電子ストアでも、いつでもご購入後にご覧いただけます。
※なお、初回版限定購入者特典の内容は、書籍版・電子版共に同じものとなります。

<各書店特典について>
・特典の在庫や配布の有無につきましては、お店にお越しになる前に、各書店様まで直接お電話等でお問い合わせください。
・お取り置き等出来る場合もございますので、事前に書店様へ直接ご確認のうえ、お買い求めください。
※お取り置き方法につきましては、弊社では分かりかねますので、お手数ですが各書店様に直接お問い合わせください。
※特典物は数に限りがあります。なくなり次第終了となる場合もございますので、ご了承ください。
・お取り扱いや特典配布のない店舗様もございます。

各特典につきましては、書店様ごとに配布方法が異なっており、
入荷や在庫状況によっても変わりますので、 必ず事前に書店様までご確認いただき、
ご予約やお取り寄せ、お取り置きが出来るかご確認ください。

※特典につきましては、無断複写・複製・転載・アップロード・転売を禁じます。

【初回版限定 封入購入者特典】



『天才少女は世間の流行りを知らない』
リアナは休日用の私服を持っていないことに気づいたが、
実家にいたときは忙しくて侍女に選んでもらうことや、
すぐに訓練に出られるように動きやすい服装ばかりだった。
初めて自分の服を買いに出かけたのだが、店員さんはめちゃくちゃ意気込んでいて…。

【ゲーマーズ 様】



『天才少女の日常』
冒険者になり、完全な休日をとるようにしたリアナは目的もなく市場を歩いていた。
すると「まいったなあ」とぼやく商人がおり、相談にのるとあっさり解決してしまった。
と次の瞬間にまた「まいったなあ」とぼやく声の方向を向くと、困っている詩人がいて…。

【WonderGOO 様】



『天才少女は舞台に登る』
王都の劇団にて恐らく貴族であろうリリィと名乗る少女が見習いを申し出ていた。
貴族に恩を売れるチャンスだと支配人は端役を与えることにしたが、
貴族だからと簡単に役を与えるのが気にくわない脚本家は、
よりによって難しい老婆の役を与えたところ…。

【とらのあな 様】



『その気持ちが何よりの』
フレドがアンナを連れて戻ってきてから、初めてアンナの誕生日がやってくる。
今回は自分でご馳走をつくって振舞おうと決心したリアナだったが、
ウィルフレッドから学んだ兵站管理の一環で
保存食を使った効率的な野営での食事を作った経験しかなく…。

【くまざわ書店 様】



『この感情にまだ名前はない』
フレドがリアナと行動を共にするようになってから日が浅いころ、
謎にモテてしまう影響で一番やばかったエピソードをフレドは話していた。
あわや無理やり結婚させられそうになったエピソードを聞いたリアナの反応に、
フレドは思わず息を呑む。

【メロンブックス 様】



『まだ未来は見えないけれど』
フレドと行動を共にするようになってから日が浅いころ、
話の流れで「何になりたい」と聞かれたリアナは答えに困ってしまった。
自分から特にやりたいといったことがなかったリアナだったが、
それでも「こう在りたい」といえる姿が思い浮かぶ。

このシリーズの刊行タイトル

無自覚な天才少女は気付かない ① ~あらゆる分野で努力しても家族が全く褒めてくれないので、家出して冒険者になりました~
著:まきぶろ イラスト:狂zip
発売:2021年12月15日(水)
定価:1,320円(税込)
魔術、剣術、錬金術、内政、音楽、絵画、小説
すべての分野で天才でした!?
各分野でエキスパートの両親、兄姉を持つリリアーヌは、最高水準の教育を受けどの分野でも天才と呼ばれる程の実力になっていた。
しかし、わがままにならないようにと常にダメ出しばかりで、貴重な才能を持つからと引き取った養子を褒める家族に耐えられず、ついに家出を決意する…!
偶然の出会いもあり、新天地で冒険者として生活をはじめると、
作った魔道具は高く売れ、歌を披露すると大観衆になり、レアな魔物は大量捕獲——
「このくらいできて当然だと教わったので…」
家族からの評価が全てだったリリアーヌは、無自覚にあらゆる才能を発揮していき…!?