あらすじ


いやいや、何この知識、すごすぎない!?

「力が全て」を掲げる王国にて、戦闘に使えない知識を持った
第三王子、グレイスは『口先だけの知識バカ』と罵られ、
辺境の不毛の地へと追放されてしまう。

グレイスの数少ない理解者である近衛騎士の少女ヴィグナと
鍛冶屋のボーマンとともに辺境の地、アスガルドへと赴くが、
そこはかつて「狂王ソウズィ」と呼ばれる人物が治めていた土地だった。

触れたものの知識を得ることができる
グレイスの能力「世界図書館」を駆使して
廃墟となったソウズィの屋敷にたどり着くと、
そこには人間にしか見えないほど精巧に作られた
少女型のゴーレムが鎮座していた。

グレイスがそのゴーレムに触れると、脳内にとんでもない知識が流れ込んでくる。
なんと、そのゴーレムは異世界の知識で作られた
「ロボット」という存在だったのだ。

そして、「狂王ソウズィ」とは別の世界から来た人間で、
彼の遺産は別の世界の知識で作られたものだということを知る。
「世界図書館」で得た知識により起動に成功した
ロボット「ガラテア」を仲間に加え、
今まで蓄えたこの世界の知識と異世界の知識を組み合わせることで
不毛の地を少しずつ発展させていくのであった。

「知識」を武器に、できそこない王子の快進撃が今始まる!

登場人物紹介

  • グレイス

    辺境へと追放された第三王子。触れた物の知識を得ることのできる「世界図書館」というスキルを持つ。

  • ヴィグナ

    元近衛騎士の少女。グレイスを守るため辺境に付いてくるツンデレ女騎士。

  • ガラテア

    異世界の技術で作られたロボット。グレイスを主として認め、仕える。

  • ボーマン

    王家御用達の鍛冶屋だったが、グレイスとともに辺境に同行するドワーフ。

特典についてのご注意事項
<初回版限定購入者特典について>
・初回版限定購入者特典(書籍版)の取り扱い:特典物は数に限りがございますのでご了承ください。
・初回版限定購入者特典(電子版)の取り扱い:販売されているどちらの電子ストアでも、いつでもご購入後にご覧いただけます。
※なお、初回版限定購入者特典の内容は、書籍版・電子版共に同じものとなります。

<各書店特典について>
・特典の在庫や配布の有無につきましては、お店にお越しになる前に、各書店様まで直接お電話等でお問い合わせください。
・お取り置き等出来る場合もございますので、事前に書店様へ直接ご確認のうえ、お買い求めください。
※お取り置き方法につきましては、弊社では分かりかねますので、お手数ですが各書店様に直接お問い合わせください。
※特典物は数に限りがあります。なくなり次第終了となる場合もございますので、ご了承ください。
・お取り扱いや特典配布のない店舗様もございます。

各特典につきましては、書店様ごとに配布方法が異なっており、
入荷や在庫状況によっても変わりますので、 必ず事前に書店様までご確認いただき、
ご予約やお取り寄せ、お取り置きが出来るかご確認ください。

※特典につきましては、無断複写・複製・転載・アップロード・転売を禁じます。

【初回版限定封入 購入者特典】 『ヴィグナの勝負服』
落ち込んだグレイスを元気づけるために、ヴィグナはある服を入手する。

【くまざわ書店 様】 『ノエルとオムライス』
グレイスへの感謝を伝えるため、ノエルはガラテア直伝のオムライスを作り……。

【Wonder GOO 様】 『領主の剣』
グレイスの剣を作成するボーマンとガラテアは、剣に様々な機能を入れ始め……。

【ゲーマーズ 様】 『ヴィグナの看病』
風邪を引いて寝込んだグレイス。熱で朦朧とした意識で見たのはメイド服姿のヴィグナで……。

【メロンブックス 様】 『ガラテアの怪談』
ガラテアから異世界の「怪談」を聞かされたグレイスとヴィグナはその夜……。

このシリーズの刊行タイトル

外れスキル「世界図書館」による異世界の知識と始める『産業革命』①~ファイアーアロー?うるせえ、こっちはライフルだ!!~
著:高野ケイ イラスト:riritto
発売:2022年10月14日(金)
定価:1,320円(税込)
「知識」を武器に、できそこない王子の快進撃が今始まる!

いやいや、何この知識、すごすぎない!?

「力が全て」を掲げる王国にて、戦闘に使えない知識を持った
第三王子、グレイスは『口先だけの知識バカ』と罵られ、
辺境の不毛の地へと追放されてしまう。

グレイスの数少ない理解者である近衛騎士の少女ヴィグナと
鍛冶屋のボーマンとともに辺境の地、アスガルドへと赴くが、
そこはかつて「狂王ソウズィ」と呼ばれる人物が治めていた土地だった。

触れたものの知識を得ることができる
グレイスの能力「世界図書館」を駆使して
廃墟となったソウズィの屋敷にたどり着くと、
そこには人間にしか見えないほど精巧に作られた
少女型のゴーレムが鎮座していた。

グレイスがそのゴーレムに触れると、脳内にとんでもない知識が流れ込んでくる。
なんと、そのゴーレムは異世界の知識で作られた
「ロボット」という存在だったのだ。

そして、「狂王ソウズィ」とは別の世界から来た人間で、
彼の遺産は別の世界の知識で作られたものだということを知る。
「世界図書館」で得た知識により起動に成功した
ロボット「ガラテア」を仲間に加え、
今まで蓄えたこの世界の知識と異世界の知識を組み合わせることで
不毛の地を少しずつ発展させていくのであった。