ようこそ異世界へ!アース・スターノベル!

アース・スターノベル 毎月12日刊行!!

あらすじ



物心がついて120年、前世の記憶を持つエイサーは、
代わり映えのない森の生活に飽きていた。

「どうせ寿命が長いなら、外の世界に出て、
いろんなことを経験したいじゃないか!」

鍛冶に興味を持ち仲の悪いドワーフに弟子入りしたり、
大道芸の剣技に見とれて道場でひたすら剣を素振りしたり、
魚介類が食べたくなって遠くの港町を訪ねたり、
ときには精霊術で人を助けることも――

千年の寿命をもてあます、
気まぐれハイエルフの自由奔放な旅がはじまる。

登場人物紹介


  • エイサー

    千年の寿命を持つハイエルフ。 精霊術と弓が得意で、自由奔放な性格。変化の乏しい森の生活に飽きて、気の向くままに旅に出る。

  • アイレナ

    ヴィストコートの町で活躍するエルフの冒険者。 ハイエルフを慕う性分で、偶然出会ったエイサーの世話を焼く。

  • アズヴァルド

    ヴィストコートの町で鍛冶屋を開くドワーフ。 エルフを嫌うが、エイサーの勢いに気圧されて弟子入りを認める。

  • カエハ

    王都の大通りで、大道芸として剣技を披露する少女。 彼女には、なにやら事情があるようで…。

  • カエハの母

    カエハと二人で生活している。胸を病み、身体を弱らせている。

  • カウシュマン

    魔術の国オディーヌで、主に魔道具の研究をしている魔術師の青年。

  • ノンナ

    ジャンペモンの町にある宿屋の看板娘。人懐っこい。

【初回版限定 封入購入者特典】 『創世遊戯』
ヴィストコートの酒場でエイサーは、「あーッ、ハイエルフ!」という声に驚き思わず振り返るが、誰も自分のことを見ていなかった。声のした方向を見ると二人の男が遊戯盤でゲームに興じていて…。

【ゲーマーズ 様】 『王都にて』
カエハの母と買い物に出かけたエイサー。肉、野菜、麦、油、薪とたくさんの買い物をした帰り道、穀物を扱う商店の店主から大声で呼び止められて…
【メロンブックス 様】 『その口福に酔って』
エイサーは、めったに出会えない蒼銀の大角鹿という魔物を偶然にも仕留めた。その肉は絶品とされており、店に持ち込むと大騒ぎになって他の人に食いつくされることを心配した彼は、自ら調理することを決意し…。
【とらのあな 様】 『漁ならぬ猟』
漁師のドリーゼと酒を酌み交わしていたときに、エイサーは酔った勢いで「魚は弓矢でしとめる方が簡単だよ」と啖呵を切ってしまう。じゃあ実際にやってみろ、と言われドリーゼとともに海に出向くが…。
【くまざわ書店】 『知の切れ端』
魔術の教本を手に入れようと、魔術の国オディーヌの露店を物色するエイサー。きれいな教本は高価なため、教本が書き写された紙束に目をつけるが、中身を読んでみると…
【WonderGOO 様】 『雨の日の我儘』
魔術の修練で瞑想をしていたエイサーだったが、外で降っている大雨に集中力を切らしてしまいカウシュマンに怒られてしまう。しかし、大雨とともにはしゃいでいる精霊たちにエイサーは違和感を覚え…。
【TSUTAYA 様(ONLINE除く)】 『相席』
旅の途中、食事をとろうと立ち寄った店で、エイサーは行商人と相席になった。 行商人はすでにワイングラスを三杯空けていて、随分と陽気だったためか近くの町のことを教えてくれて…。





このシリーズの刊行タイトルはこちら!

new転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました⑥
著:らる鳥 イラスト:しあびす発売:2022年9月15日(木)
定価:1,320円(税込)
エルフの国、建国!!
大人になった我が子と久しぶりの再会へ!
《今回も書き下ろし盛りだくさんでお届け!!》

大陸西部のエルフ達の身を守るため、エイサーは国づくりを始めた。
有望な人材を集めながら、ハイエルフの力と権威を使って、なんとか体制を整えていく。
国の運営も軌道にのってきた所で、当初の目的である複数の種族の連合体と人間が争う地へと向かう。
そこでようやく息子ウィンとの再会を果たすも、彼は複雑な表情を浮かべていた……。

──そしてアイレナと共に成鳥となったヒイロに乗り、
ついに雲の上へやってきたエイサーを真なる巨人が待ち受ける。

「全ての古の種族と出会ったハイエルフよ、どうして君は、旅をする?」
世界の真理へと迫る、ハイエルフファンタジー第六弾!
転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました ⑤
著:らる鳥 イラスト:しあびす発売:2022年5月17日(火)
定価:1,320円(税込)
数万年ぶりに? 不死なる鳥、誕生!!
故郷で明かされるハイエルフの秘密とは――!?
ヨソギ流の世代交代を見守り、深い森でハイエルフの長老や不死なる鳥と話をしたエイサーは、記憶の中にある友人たちの姿を形として残したいと思い、石像の彫刻を学ぶことに決めた。 次なる目的地は大理石で有名な町、マルマロス。
彫刻師として有名な伯爵に、久しぶりの弟子入りを申し込む……!

「僕には、まだ外の世界でやりたいことがたくさんあるんだ」

悠久の時を生きることを見つめ直す、ハイエルフファンタジー第五弾!

《WEB版からまるっと1章分の大ボリューム加筆、エイサーの特別年表も添えてお届けです!》
転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました ④
著:らる鳥 イラスト:しあびす 発売:2022年1月15日(土)
定価:1,320円(税込)
極東の島国、扶桑の国へ上陸!
人間、人魚、翼人と鬼が争うこの地で、ついにヨソギ流のルーツにたどりつく…!!
今回の旅の目的も果たし、扶桑の国で有意義な時間を過ごしたエイサーは、ルードリア王国へ帰ることにした。
しかし、知らぬ間に生まれていた大国ズィーデンによる侵略戦争の影響で、大陸中央部では物々しい空気が漂っていた。
様変わりした国々を巡る中で、エイサーはノンナやカウシュマン、かつての友人たちが遺したものを目の当たりにする…!

時が流れ変わるもの、そして変わらぬものを心に刻むハイエルフファンタジー第四弾!!
転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました ③
著:らる鳥 イラスト:しあびす 発売:2021年10月15日(金)
定価:1,320円(税込)
避けられない別れ、それでも僕は立ち止まらない
ドワーフの国からヨソギ流の道場に戻ってきたエイサーとウィン。
新たな剣技を学んだり鍛冶を教えたりするうちに、ついに訪れたウィンの巣立ち、そしてカエハの寿命が尽きる時……。

――大きな別れを経験し、長命種ゆえの寂しさを初めてかみしめるエイサー。どこか遠くに行きたいと思ったとき、以前にカエハから聞いたヨソギ流の源流の地のことを思い出し、遥か東方を目指す旅を決意する。

その道中、精霊が見える少女や神術使いの少年、本物の仙人と出会い、図らずも大陸東方の大帝国が抱える、世界を揺るがす秘密へとたどり着く……!

寄り道で波乱を巻き起こす!?
壮大なタイムスケールで贈る、ハイエルフファンタジー第三弾!!
転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました ②
著:らる鳥 イラスト:しあびす 発売:2021年7月15日(木)
定価:1,320円(税込)
「僕は今日から、君の保護者で友達だ。」
深い森を飛び出し、好奇心の赴くままに鍛治、剣、魔術を習得したハイエルフのエイサーは、成り行きでエルフと人間との間に生まれたハーフエルフの子供“ウィン”を引き取ることに。
とりあえず以前訪れた町を巡りながら子育てに励む。

師であるカエハやアズヴァルドとの再会、周辺国の不穏な動き、エルフとドワーフの確執、そしてウィンの成長…
――旅の中で、時は流れ、変わりゆく。

親になっても相変わらず自由奔放なエイサーは、時々超過保護になりながら、子連れの旅路を行く。

コミックアース・スターにてコミック好評連載中!
原作:らる鳥・しあびす 漫画:成田コウ
転生してハイエルフになりましたが、スローライフは120年で飽きました ①
著:らる鳥 イラスト:しあびす 発売:2021年4月15日(木)
定価:1,320円(税込)
千年の寿命をもてあます、変わり者のハイエルフは気の向くままに旅に出る。
物心がついて120年、前世の記憶を持つエイサーは、代わり映えのない森での生活に飽きてしまった。

「よし、ハイエルフの生活はもう良いや。僕にはちょっと向いてなかったね」
どうせ寿命が長いなら、外の世界に出ていろんなことを経験したいじゃないか!

鍛冶に興味を持ち仲の悪いドワーフに弟子入りしたり、大道芸の剣技に見とれて道場でひたすら剣を素振りしたり、魚介類が食べたくなって遠くの港町を訪ねたり、ときには精霊術で人を助けることも――

気まぐれハイエルフの、自由奔放な旅がはじまる。

コミック アース・スターにてコミカライズ決定!